神経ブロック

神経ブロックとは

痛みを根本から治療する神経ブロック

痛みを根本から治療する神経ブロック

神経ブロックとは、痛みやしびれなどの症状の原因となっている神経を特定し、その神経や周囲に局所麻酔薬を注入することで、神経の異常な興奮伝達を遮断し痛みを抑える方法です。
抗炎症薬(鎮痛薬)を同時に注入して、神経や周囲の組織の修復もはかります。
決して単純な“痛み止め”ではなく、神経痛は神経自体の痛みですので、神経ブロックにより根本からの治療が可能になります。

神経ブロックの治療対象となる疾患

頭・顔面
  • 三叉神経痛
  • 頚椎性の頭痛(頚原性頭痛)
頚・肩・上肢
  • 頚椎椎間板ヘルニア
  • 肩関節周囲炎(五十肩)
  • 慢性動脈閉塞症
  • 胸郭出口症候群
  • 頚髄症の一部
胸・背部
  • 圧迫骨折
  • 肋間神経痛
  • 胸椎椎間板ヘルニア
  • 開胸術後疼痛症候群
腰・臀部
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • いわゆる腰痛症
  • 変性すべり症・腰椎分離症
  • 坐骨神経痛
下肢
  • 変形性膝関節症
  • 仙腸関節痛
  • バージャー病
  • レイノー病
  • 変形性股関節症
全身
  • 帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛
  • CRPS(複合性局所疼痛症候群)
  • 後縦靱帯骨化症(OPLL)
  • 手術後も持続する痛み
  • 外傷後持続する痛み

神経ブロックの特徴

神経痛を根本から治療

神経痛を根本から治療

神経痛は神経自体の痛みですので、神経ブロックが根本治療となります。
時間の経過とともに改善される神経損傷では、神経ブロックによって治癒を早めることが可能です。
また 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症では、神経ブロックによって炎症を軽減させることが可能です。
椎間板ヘルニアに対しては、“椎骨洞神経ブロック”や“椎間板ブロック”などの神経ブロックの治療を行って、圧力や炎症の軽減をはかります。

さらに高周波熱凝固装置を使用し、特殊な針の先端に高周波電流を流すことで、長期間の治療効果を得ることができます(高周波熱凝固・パルス高周波法)。
局所麻酔薬を注入してから行いますので、高周波電流を流しても痛くありません。

神経ブロックはただの“鎮痛薬”ではありません

一般的に鎮痛薬は胃腸で吸収されて血液内に入り、病変部や脊髄・脳に到達して効果を発揮します。
理論的には大量の鎮痛薬を服用すれば目的部位での鎮痛薬の量も増え、より強い効果が得られます。
ただし鎮痛薬の量が多いと肝臓・腎臓に大きな負担がかかりますし、他の副作用も発現する可能性が高くなります。

そのため鎮痛薬の服用量には上限があり、上限を超えて服用すると副作用のほうが問題となります。
神経ブロックは病変部や病変部近くに針を持っていくため、内服する鎮痛薬よりもはるかに少ない量で効果を発揮します。
またX線透視で確認しながら行いますので、血液が到達しにくい部分にも薬液を届かせることが可能です。

少量の弱い鎮痛薬で効果的な状態ならば、神経ブロックはおすすめしません。
ですが、大量の鎮痛薬や強力な鎮痛薬が必要だったり、それでも効果が得られなかったりするような場合には、神経ブロックを試す価値があると言えます。
X線透視や超音波(エコー)を見ながら、副作用を起こさないように施行することが重要です。手探りで行う神経ブロックは不正確で、副作用の原因にもなります。

神経ブロックの副作用を防ぐために

大阪市・谷町九丁目のヤマトペインクリニックでは、神経ブロックの副作用を防ぐために、治療前には必ず血液検査を実施し、さらに注射前にはアレルギーのチェックを行って、安全に治療が行えるかどうか判断しています。

できるだけ痛みを抑えて治療します

できるだけ痛みを抑えて治療します

当院では神経ブロックの針に、点滴の針よりも細い極細針を使用しています。
当然、針は細い方が痛くないのですが、それを思い通り動かすには熟練した技術が必要です。
また、X線透視や超音波(エコー)でリアルタイムの画像を見ながら、周囲の組織を傷つけないように針を最短距離で目標に到達させています。

“神経根ブロック”は痛い神経ブロックと言われていますが、激痛が走る神経根には当てず、神経根のわずか手前で針を止めるのであまり痛くありません。
神経根に当てても、当てなくても長期的な治療効果は変わりません。
患者様から「痛いと聞いていたので不安でしたが、こんなものなのですね」と言われることもしばしばです。

当院で行う神経ブロック

神経ブロックは数十種類ありますが、当院では次の神経ブロックを行っています。

神経ブロック

  • 硬膜外ブロック
  • 関節内注射
  • 神経根ブロック
  • 椎間板ブロック(椎骨洞神経ブロック)
  • 胸部交感神経節ブロック
  • 腰部交感神経節ブロック
  • 三叉神経ブロック
  • 関節内注射・関節洗浄
  • 高周波熱凝固神経ブロック(パルス高周波神経ブロック)

院長が開発・改良し、有効性を確認した神経ブロック

当院の院長は30年以上にわたって神経ブロックの技術を学び、X線透視を見ながらの神経ブロックの症例数は日本トップクラスを誇っています。

また、院長自ら開発・改良し、有効性を確認した神経ブロックがいくつかあり、その中には関西のペインクリンックの医師の間で“教科書”となっているものもあります。

頚部神経根ブロック後側方アプローチ

頚椎症性神経根症、頚部椎間板ヘルニアの治療に使用します。

椎骨洞神経ブロック

腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板症の治療に使用します。

T1神経根ブロック

頚椎症性神経根症、頚部椎間板ヘルニアの治療に使用します。

胸部交感神経節高周波熱凝固

上肢血行障害や帯状疱疹痛の治療に使用します。

top

0667640873